agaの対策・予防

女性ホルモンの減少がハゲの原因?4つの対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
女性ホルモンが減少すると薄毛になるの?.png

女性ホルモンの一つ『エストロゲン』には、女性の美や健康だけでなく、髪の毛の健康を維持する働きも持ち合わせています。今回はこの女性ホルモンと薄毛の関係性からはげてしまう原因までを詳しくご紹介いたします。

 

■なぜはげるの?ハゲの原因とは

最近聞かれるAGAとは?

脱毛症の種類について.png

脱毛の症状、いわゆる『はげ』には様々な種類があります。

  • 円形にはげる症状を「円形脱毛症」
  • 皮脂の過剰分泌によるハゲを「脂漏(しろう)性脱毛症」
  • 頭皮の乾き・フケによるハゲを「粃糠(ひこう)性脱毛症」
  • ポニーテールなど髪が引っ張られることで髪の毛が抜けてしまう「牽引性脱毛症」

…など

 

その中でも『AGA』とは「男性型脱毛症」と呼ばれるもので、男性ホルモンの『ジヒドロテストステロン』の作用によりヘアサイクルが乱れてしまった症状を言います。

 

女性もAGAになるの?

女性の体にも男性ホルモンは存在するため、同じ仕組みでAGAが発症することがあります。しかし女性は髪を育ててくれる女性ホルモンが活発なため、男性よりも男性ホルモンの影響が少なくなります。

女性ホルモンと男性ホルモンの毛髪への影響.png

 

女性ホルモンが減少すると薄毛になるの?

上記のように、女性に男性ホルモンの影響が少ないのは女性ホルモンが活発なためです。この仕組みから考えると、女性ホルモンが減少してしまった場合は男性ホルモンの影響を強く受けてしまうことになります

男性ホルモンの影響が強くなると男性同様AGAが発症する率が高くなってしまうため、女性ホルモンの減少は薄毛につながりやすいことがわかります

 

加齢との関係は?

加齢とともに女性ホルモンは減少の傾向があるため、加齢もAGAの原因の一つとなることがあります。早い方であれば35歳前後から減少することもあります。

 

加齢以外の女性ホルモンの減少の原因

年齢が若い方でも、過度のダイエットやストレスによって女性ホルモンが減少してしまうことがあります。健康的な生活を送ることも髪の毛には重要なんですね!

ストレスの女性ホルモンへの影響.png

そのためにも心掛けたいこと・気を付けていきたいことについて下記にてチェックしていきましょう。

 

■女性ホルモン減少の改善と予防策

【1】規則正しい生活を送ろう

女性ホルモンをしっかり分泌させるためには、規則正しい生活と質の高い睡眠の心掛けが必要です。寝る前に入浴し身体を温める・ストレッチで身体をほぐし血行を良くする・睡眠環境や寝間着の工夫・体内時計を狂わせてしまいがちな「寝る前のスマホ利用」を控えるなどといったことを意識し、まずは生活のリズムを整えていきましょう。

心身の健康が女性ホルモンを正しく分泌させてくれます

 

【2】注目は大豆!食生活を見直そう

大豆イソフラボンにはエストロゲンに似た働きがあります.png

栄養不足であればもちろん女性ホルモンも活性化してくれません。栄養バランスに気を配り、健康的な食事を心がけていきましょう。中でも「大豆イソフラボン」はエストロゲンと似た働きをすると言われていますので、豆腐や納豆・味噌・豆乳・油揚げなどを積極的に取り入れていきたいですね!

他には女性ホルモンの代謝を促進するビタミンBが含まれるマグロやカツオ・レバー、そしてホルモン分泌をコントロールしてくれるビタミンEが含まれるナッツ類やカボチャ・アボカドといった食材もおすすめです。

 

【3】ダイエットに注意しよう

過度なダイエットで無月経や生理不順になってしまう方もいます。それはホルモン分泌の減少が原因となっていることからも、ダイエットがAGAの原因になってしまう可能性があることがわかります。食事制限が伴うダイエットには十分注意しましょう。

過度なダイエットと女性ホルモンの減少.png

 

【4】ストレスを溜めない!

身体だけでなく心への負担からも女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことがあります。ストレスを感じた時には適度な運動やストレッチ、入浴などで自分を十分労ってあげること、そして自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。

 

■髪を増やすことはできるの?薄毛の治療について

サプリと副作用について

育毛とサプリ.png

インターネットで増毛のサプリを検索すると、様々な商品がヒットします。しかし、このようなサプリには副作用が伴うものが存在すること、そして女性の場合は女性用のサプリを選ぶ必要があることに注意しなければなりません。実際に使用した方のレビューや感想のチェック、そして気になることがあれば販売元に確認しておけると安心です。また、一日の摂取目安量はしっかり守りましょう。

 

薬用育毛剤について

薬用育毛剤も様々な商品が販売されていますが、いきなり育毛剤は気が引ける…という場合には頭皮用のスプレーがおすすめです。頭皮用スプレーは地肌の保湿や血行を促進させてくれる作用があるため、地肌の環境改善が期待できます。心から安心できるものを選んで利用していくようにしましょう。

 

女性ホルモンの摂取や注射について

AGAの仕組みから「女性ホルモンを体に取り入れれば薄毛が改善する…?」と考えてしまうところですが、身体にとって不自然なことはできるだけ避けることをおすすめします。身体が喜ぶような生活をすること、普通の健康を維持することから女性ホルモンを増やしていくようにしましょう!

普通の健康維持で女性ホルモンを増やそう.png

 

■その他にできる髪に良いこと

シャンプーを見直そう

シャンプーを見直そう.png

まずは髪の毛に優しいシャンプーの仕方をしているか確認してみましょう。

  • シャンプー前にブラッシングや頭皮マッサージを行う(1分~3分程度)
  • 予洗いは1分~1分半くらいかけて頭皮を洗い流す(ここで7割ぐらいの汚れが落ちます)
  • シャンプーを手に取って、後頭部→こめかみ付近→頭頂部→段々前に進んで額の生え際…という順番で指の腹で洗う
  • 毛の流れに逆らうようにお湯をかけて丁寧にすすぐ
  • トリートメントやリンスをその商品の使い方通りに使用する
  • タオルで十分水気をとってからドライヤーをかけてしっかり乾かす(ドライヤー時間を短縮することで頭皮の乾燥を避ける。しかし生乾きも×です)

※シャンプーによっては2回のシャンプーをおすすめしているものもありますので、使用方法の確認をおすすめします。

 

また、シャンプーやトリートメントには頭皮の保湿成分が含まれている商品もありますので、自分の髪質や体質に合った商品を改めて探してみるというのもいいかもしれません。

 

頭皮マッサージやヘッドスパをしてみよう

頭皮マッサージでストレス解消!.png

頭皮マッサージを行うことで頭皮がほぐれ、血流が良くなります。シャンプー前だけでなく、シャンプー後の育毛剤や頭皮用スプレーを使用したときにも行うことで効果が高まります!力の強さや時間は自分が心地いいと感じる程度がおすすめです。

ヘッドスパは美容室などへ行った機会にぜひ取り入れてみましょう。普段のシャンプーでは落ちない汚れを落とすことができるだけでなく、頭皮に潤いを与えることもできます。とっても気持ちがいいのでストレス解消にもなりますよ!

 

■【まとめ】ハゲは女性ホルモンの減少が原因になることもあります

  1. 女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛を育てる働きがある
  2. 男性ホルモンのジヒドロテストステロンには発毛・育毛の成長を妨げる働きがある
  3. 女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの影響が強くなるためAGAになりやすくなる
  4. 心身ともに健康的な生活の維持が女性ホルモンの減少を防ぐ

 

はげてしまう原因には様々ありますが、このように女性ホルモンの減少から男性ホルモンの影響が強くなることで薄毛につながることもあります。まずは規則正しい生活を送ること、食事の栄養バランスに気を配ること、そしてストレスを溜めない生活を心掛けていきましょう!それでも改善が見られない場合には、薄毛に特化した病院で受診することをおすすめします。